年賀状を断捨離?

「え?!年賀状を断捨離?」

年賀状・・・社会人にとっての年末のタスクのひとつですよね。

 

年末はただでさえ忙しいのに、普段住所録を作っているわけでもない私は、「去年の年賀状を引っ張り出して、今年送る枚数を決め、インターネットの印刷業者に印刷を依頼し、届いた年賀状のあて名書きとひとこと書き(手書き)をする」という作業を、社会人になってから毎年行っています。

 

そんな私のもとに、昨年末、LINEのメッセージが届きました。

 

学生時代から仲の良い、年賀状のやりとりも続けている友人からでした。

 

メッセージには「今年から年賀状を断捨離することにしたから、送らないし、送ってくれなくて良い」とのこと。

 

「え?!年賀状を断捨離?」

 

気になった私は、さっそくネットで検索してみました。

 

すると、ブログなどで年賀状の断捨離宣言をしている方がけっこういました。

 

今はそんな手があるのか、と感銘を受けました。

 

しかし、私はその時既に年状の印刷を依頼してしまっていましたので、急に今年から年賀状を断捨離することもできず、今年もいつも通り年賀状を送りました。

 

「めんどくさいな」と思いながらも、「いざとなったら断捨離できるんだ」「もしかしたら年賀状出すのも今年が最後かも?」と思うと、あて名書きの作業も少し楽しく感じられました。

page top