年賀状への力量

年賀状への力量

毎年送られてくる年賀状を見ると、人によって年賀状にかける力量がそれぞれ違うのを感じて、それが面白いです。

 

本当に儀礼的なものだったり、ついでに近況を報告してくれるものだったり、はたまた凝りに凝ったものだったり、あるテーマに基づいたものだったり。

 

私自身は年賀状は面倒くさいものの1つで、毎年12月が来て年賀状のCMが流れ出すと「今回はどういうのにしよう〜。」と、悩んでしまいます。

 

そして結局は、最初から干支のイラストや簡単な挨拶が印刷されている年賀状を買ってしまいます。

 

ところが送られてくる年賀状には、年賀状に対する並々ならぬ意気込みを感じるものがあり、いつも感心してしまいます。

 

その中の1つが仮装写真パターン。

 

毎年ご本人が何かしらに仮装した写真の年賀状です。
舞妓さんだったり、忍者だったり、民族衣装だったりです。

 

でもよく考えると、本人もいろいろ仮装をするのが好きで、毎年年賀状を作るのが楽しみなんだろうな、と感じます。
だから凝ってはいるけれど、むしろ自分のような人よりよっぽど楽な気分で年賀状を出しているのでしょう。

 

逆にシンプル過ぎのものもあります。

 

私と同じように、干支のイラストや簡単な挨拶が印刷されている年賀状、それのみ!のパターン。

 

私はそこに自分の字で何か一言は書いています。

 

そういうのが無く、ただ住所面を印刷してポストへ、というシンプルさ。

 

年賀状への力量は本当に人それぞれで面白いです。

page top