昔もらった年賀状の処分がもったいなくてできない!

年賀状の処分って、みんなどうしてんの?

自分が学生時代の頃は、毎年友人や親戚と年賀状の交換をしていました。

 

自分でも色々と趣向を凝らした年賀状を送ったりして楽しみました。

 

もちろん、友人や親戚も毎年趣向を凝らした年賀状を送ってくれたのでとてもうれしかったです。

 

毎年の年賀状がどれも素敵だったので、全部をまとめて机の中に保管していました。

 

しかし、毎年年賀状を保管していたので、気が付くと机の中が年賀状でいっぱいになってしまいました。

 

現在、我が家では引っ越しの作業をしているのですが、不用品などのいらないものを極力減らしています。

 

年賀状を手元に置いておきたいのはやまやまなのですが、量が量だけに処分しなければなりません。

 

どの年賀状も大切にして保管しておきたいのですが、自分にとって思い出のある年賀状だけを手元に保管しておくことにしました。

 

特にイラストが描かれていて、相手のメッセージなどが書かれている年賀状は優先して保管することにしました。

 

それでも枚数が多いので、厳選するのがとても大変で苦労しました。

 

また、年賀状には相手の住所や自分の住所などが記載されているので、個人情報の問題から破いて捨てなければなりません。

 

これは自分にとって少し辛くてしんどい作業でした。

 

それでも昔から保管してきた年賀状を改めて見てみると、様々な思い出や懐かしい気持ちが湧いてきたので有意義な作業でもありました。

page top